施術後の過ごし方

看護師

注意すべきこと

ボトックス注射の施術を受けた箇所によって、注意すべきことは変わってきます。まず、顔のシワ取りや小顔効果を得るために施術を受けた場合は、顔への強いマッサージは控えましょう。1週間ほど経った後は、強めのマッサージをしてもかまいません。副作用が治まる頃を目安として考えると良いでしょう。メイクや洗顔は施術当日から可能ですが、患部には刺激を与えないように注意してください。多汗症を抑えるためにワキにボトックスを注入した場合は、身体を洗う際に強くこすらないように気をつけましょう。ボトックス注射の施術後は、シャワーだけでなく、湯船に浸かることも当日から可能なので、患部の洗い方だけ注意すれば問題ありません。ふくらはぎにボトックスを注入した場合は、脚のマッサージや激しい運動は避けてください。ふくらはぎにボトックスを注入すると、副作用で脚の脱力感が現れる場合があります。そのような状態で激しい運動をすると、怪我をする危険性もあるので控えるようにしましょう。どうしても運動したい場合は、軽めのウォーキングや、医師から承諾を得た範囲で身体を動かすようにしてください。他にも、副作用としてふくらはぎの張りを感じることもありますが、運動と同じように、患部へのマッサージも約1週間は控えるようにしましょう。副作用の現れ方も個人によって違うので、もし長引くようなら医師に診てもらってください。副作用が長引いた分、運動やマッサージを制限する期間も変わるかもしれないので、医師からの指示を仰ぐと確実です。

顔に注入した場合

シワ取りの目的で顔にボトックスを注入した場合は、副作用でまれに患部に違和感が生じることがあります。顔の筋肉を動かしにくいと感じることもありますが、会話や食事に大きな問題はありません。もし日常生活に支障をきたしたり、長引いたりするようなら医師に診てもらいましょう。エラにボトックスを注入した場合は、強いマッサージを控えるだけでなく、食事内容にも注意しなければなりません。ボトックスで抑えた咬筋(こうきん)が再び発達しないよう、固い食べ物はなるべく避けるようにしてください。また、固い食べ物以外にも、ガムを噛むことも控えましょう。他にも避けたほうがいい食べ物や、制限すべき行動がないか心配な方は、カウンセリングを受ける際に医師と相談できます。ボトックスの効果を持続させるため、そして副作用がなるべく早く治まるようにするためにも、自分でできることを試してみてください。

Copyright© 2019 ボトックスの安全性を追求!副作用を避けるためにできることは? All Rights Reserved.